Adobe Audition CC ノイズ除去 Noise Reduction

こんにちは、フリーのWEBデザイナーnpigです。
今回は、Creative Cloud Adobe Audition CCノイズについて少しお話しさせてください。
そもそも、Audition CCとは。
これは、音声の不要なノイズ等の除去が出来るすばらしいソフト。
購入を考えて、無償版の利用をしてみました。

感想
これはすごい!!フリーのソフトでは追いつかなくなっていたので助かりました。
そこで疑問。
そもそも、どうやって使うのかがわからなく。
いろいろ調べては、やってはみたんですけど、あまりAudition CCについての記事がない。。

こまりましたがいったん簡単にノイズ除去の使い方をご紹介。
まずは、使用方法。とっても簡単。
1、Audition CCをあけて、ファイルをのせます。音声はmp3でおこないました。
2、いらないノイズをドラッグ。

3、エフェクト→ノイズリダクション(プロセス)→ノイズプリントをキャプチャ。
これでいったん、AUにノイズを認識させます。
※声がない部分をドラッグしてください。

au1

4、キャプチャ後→ノイズリダクションと削減値を調整してください。
これですべてのノイズの変更が出来ました。

au2
調整は、それぞれありますので、いろいろと触ってみてください。
ここで新たな疑問。 風の音を切りたかった。
google先生で調べました。するとここのページが出てきました。

それは、Adobeさんのページ。

ここに、風の音を切るには、Adaptive Noise Reduction エフェクトと書いてあるのですが。
ノイズリダクション/リストア内に横文字はない。

doko!??

初めてつかうものってわからないですよね。
そこから、今回は、Adobeさんへ。
使用方法のサポートしてもらいました。。無償でも教えてくださった(´;ω;`)たすかった。。。
回答は。
CCになったことで、ページ内の言語表記がわかりずらくなっていたとのこと。知らなかった。。

先程の、Adobeさんのページ。
目次のB部分。 B1~B7 までNoise Reductionのエフェクト種類があります。
ここに、ノイズリダクション/リストア内の書いてある順に、メモしておきます。

以下、ノイズリダクション/リストアにて表記

B-1. Noise Reduction エフェクト(波形エディターのみ)
表記変更後→ノイズリダクション

B-2. Adaptive Noise Reduction エフェクト
表記変更後→適応ノイズリダクション

B-3. Automatic Click Remover エフェクト
表記変更後→自動クリックノイズ除去

B-4. Automatic Phase Correction エフェクト
表記変更後→自動フェーズ補正

B-5. DeHummer エフェクト
表記変更後→ハンマーノイズ除去

B-6. Hiss Reduction エフェクト(波形エディターのみ)
表記変更後→ヒスノイズ低減

B-7. サウンド除去(Sound Remover)→ そのまま。

もしも、同じようにこまった方が居たら!と今回のブログ書きました。
Adobeさん、頼むから表示を英語でなく、日本語にしてください(´;ω;`)

とても為になった時間でした。さぁー!私はこれで動画制作のつづきできます!!
また時間があれば、このように書き留めていきます!!!
みなさん今後とも宜しくお願い致します。
追記
これは、上記に書いたことのわかりやすい説明を見つけましたので貼りつけておきます!

Auditionノイズリダクションの方法とリストアエフェクト